価格帯別・目的別、高コスパのウォーターサーバー12選! 浄水器・ペットボトルとの比較も

FacebookTwitterLine
ペットボトルとウォーターサーバーどっち?
*記事で紹介した商品を申し込むと、売上の一部がミズノートに還元されることがあります。

おいしい水を手軽に飲めるウォーターサーバー。ただ、毎月の水代や電気代などの費用がかかるため、浄水器やペットボトルなどと比べてどちらがコスパが良いのか、また、ウォーターサーバーのなかでコストパフォーマンスの良い機種はどれなのか、気になっている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、浄水器、ペットボトルとのコスパの比較をもとに、導入のメリットデメリットを解説します。また、専門家による評価を元に、人気のウォーターサーバー22機種のコスパ度合いを試算。低価格帯・中価格帯・高価格帯という三つの価格帯別のおすすめ機種と、一人暮らし、水のおいしさ、赤ちゃんのミルク作りという三つの目的別のおすすめ機種を、それぞれ紹介します。

浄水器・ペットボトルと比較|利便性を求めるならウォーターサーバーは高コスパ!

ウォーターサーバー、ペットボトル、浄水器のコスパを比較したのが下の表です。

【ウォーターサーバー・ペットボトル・浄水器のコスパ比較】

ウォーターサーバー ペットボトル 浄水器
ワンウェイウォーター機種画像 クリスタルガイザーの500mlの画像 パナソニック「TK-CJ12」の本体画像
ワンウェイウォーター「smart」 大塚食品「クリスタルガイザー」 パナソニック「TK-CJ12」
実質月額(税込)※
4,489円 4,266円 697円
メリット
・冷温水をすぐに使える
・天然水やRO水を選べる
・商品の種類が豊富
・天然水やRO水を選べる
・蛇口をひねるだけで手軽
・圧倒的に安い
デメリット
・ボトル交換の手間がある
・費用がそれなりにかかる
・冷蔵庫で冷やしておく必要がある
・費用がそれなりにかかる
・浄水カートリッジが小型で性能には制限がある
・水を冷やしておけない
※実質月額は、毎月36Lの水を使うことを想定。電気代やカートリッジ代などを月額換算したランニングコストに、初期費用を月額換算して足し合わせた

金額で見ると、ウォーターサーバーはペットボトルや浄水器より高い傾向に。この記事で比較したウォーターサーバー22機種のうちで、実質月額が最も安いのが表にある「smart」ですが、それでもペットボトルの水をやや上回っています。

一方、ウォーターサーバーのメリットは、他にはない「利便性」です。10度以下の冷水、80度近くの温水がすぐに使えるため、冷蔵庫で冷やしたり、お湯を沸かす時間が省けます。この時短の価値を感じる人にとっては、ウォーターサーバーのコスパは良いと言えるのではないでしょうか。

低価格帯|RO水・水道直結型ランキングトップ2

コインとハサミ

次に、ウォーターサーバーのなかでコスパの良い機種をランキング形式で紹介します。

今回、人気の22機種を「水の質・おいしさ」「機能」「デザイン」という三つの観点で5点満点で評価し、その合計点を実質月額(月36Lを使用したときのトータルコスト)で割ることで「コスパ度」を算出。コスパ度の高い機種を選びました。

コスパといっても、安さを追求する人もいれば、高機能ななかでのコスパを求める人もいると思います。そこで、この記事ではサーバーを以下のように、三つの価格帯に分けました。金額は税込、月に36L使用する想定です。

  • 低価格帯:実質月額4,000円~5,000円台
  • 中価格帯:実質月額6,000円台
  • 実質月額7,000円~8,000円台

低価格帯のサーバーの特徴は、RO水や水道水といった、安価な水を採用していること。その中でも特におすすめなのは下の2機種です。

【低価格帯・コスパおすすめ2選】

サーバー本体
ワンウェイウォーター機種画像 ウォーターサースタンド ガーディアン機種画像
機種名
ワンウェイウォーター「smart」 ウォータースタンド「ガーディアン」
コスパ度
156
安さを追求するなら
177
使えば使うほどお得
評価
★7(水2、機能3、デザイン2) ★9(水2、機能4、デザイン3)
実質月額料金(税込)
4,489円 5,083円
水の種類
RO水 水道水
詳細

ワンウェイウォーター「smart」はとにかく安さにこだわりたい人におすすめ。ウォータースタンド「ガーディアン」は、水道水を使うちょっと変わったタイプ。水の使用量が多い人におすすめです。

それではそれぞれの特徴を詳しく紹介していきます。

低価格帯1位:ワンウェイウォーター「smart」 RO水で最安

白色のワンウェイウォーターが一台並ぶ画像
実質月額料金(税込4,489円)の内訳
水代 4,050円
電気代 439円
スペック
サイズ 幅30cm、奥行き34cm、高さ110cm
水の種類 RO水
ボトルの種類/位置 ワンウェイ(使い捨て)/下置き
主な機能 静音モデル

ワンウェイウォーターが展開する3機種のうちで最も人気なのが「smart」です。その理由は料金の安さ。今回比較したRO水サーバーの6機種のなかで実質月額が税込4,489円と最安です。まずはウォーターサーバーをリーズナブルに試したい方に向いています。

寝る前など、しばらく使わないときは本体についたボタンを押すことで、エコモードが作動。温水機能を6時間停止し、消費電力を50%~60%減らします。この機能により、月額の電気代も439円と安価に抑えられています。

ボトルの位置は下置き。専用のバスケットにボトルを入れ、バスケットをスライドさせてサーバー本体に設置するため、ボトルを持ち上げるのが大変な女性やお年寄りにもおすすめです。

ワンウェイウォーターは天然水も扱っていますが、天然水の場合は水の料金が上がるので注意が必要です。

低価格帯2位:ウォータースタンド「ガーディアン」 水道直結で水代がほぼゼロ

ウォータースタンドナノラピアガーディアン機種画像
実質月額料金(税込5,083円)の内訳
水代 5円(水道代)
電気代 150円
スペック
サイズ 幅23cm、奥行き23cm、高さ47.1cm
水の種類 水道水
ボトルの種類/位置 水道直結(タンクレス)
主な機能 瞬間冷温水機能、タッチ式の給水方法

水道直結型のウォーターサーバーを数多く展開するウォータースタンドで、最新の機種が「ガーディアン」です。水道水をサーバー内で浄水するため、水代がほぼかからず、水を使う量が多いほどお得になります。家族の人数が多いなど、水をよく使う家庭向けです。一方、実質月額料金の大半をレンタル料が占めているので、使わないともったいないということになります。

NASAが技術特許を保有するという「ナノトラップフィルター」を搭載しており、一般的な浄水器よりも高い浄水性能を持っています。また、瞬間冷温水機能があり、例えば冷水を180ml抽出する場合は10秒、85℃の温水を抽出する場合は38秒待つとその場で冷温水が出てきます。この機能によりサーバー内のタンクをなくしているので、本体がコンパクトになっています。

コスパ度はワンウェイウォーター「smart」より高いのですが、水道直結型という特殊なタイプなので、「smart」を1位にしています。

中価格帯|天然水+ベーシック機能ランキングTOP3

続いて、中価格帯のウォーターサーバーです。

中価格帯は、月額6,000円台のものがあてはまります。基本的なウォーターサーバーに搭載されているベーシックな機能が期待でき、水は天然水を取り扱うサーバーが多くあるのが特徴です。

【中価格帯・コスパおすすめ3選】

サーバー本体
コスモウォータースマートプラス機種画像 フレシャス サイフォン機種画像 コスモウォーター エコット機種画像
機種名
コスモウォーター「smartプラス」 フレシャス「SIPHON+(ロングタイプ)」 コスモウォーター「ECOTTO」
コスパ度
181
下置きボトルが便利
178
ベーシックなバランス型
175
ユニークなケトル一体型
評価
★12(水5、機能4、デザイン3) ★12(水5、機能3、デザイン4) ★11(水5、機能3、デザイン3)
実質月額料金(税込)
6,630円 6,737円 6,281円
水の種類
天然水 天然水 天然水
詳細

コスモウォーター「smart」は下置きボトルで水の交換が便利。「ECOTTO」はケトル一体型という独自の機能を持っています。フレシャス「SIPHON+(ロングタイプ)」は小さく畳めるパック式のボトルで、ゴミがたまりません。どの機能を重視するかで選ぶのがおすすめです。

中価格帯1位:コスモウォーター「smartプラス」 下置きボトルが使いやすい

コスモウォータースマートプラスが一台並ぶ画像
実質月額料金(税込6,630円)の内訳
水代 6,156円
電気代 474円
スペック
サイズ 幅30cm、奥行き34cm、高さ110cm
水の種類 天然水
ボトルの種類/位置 ワンウェイ/下置き
主な機能 静音設計、チャイルドロックのモード切り替え

天然水サーバー大手のコスモウォーターの人気機種が「smartプラス」です。他のブランドと比べて水代が安いの特徴で、実質月額は今回比較した天然水サーバー15機種のなかでは「ECOTTO」に次ぐ2番目の安さ。安価に天然水を楽しみたい人におすすめです。

ウォーターサーバーにはチャイルドロックがついていますが、子どもが大きくなったら不要になります。smartプラスの場合、チャイルドロックを解除したモードにすることもできるので便利です。

また、ボトルが下置きで、出し入れしやすいのも便利なポイントで、機能の評価が高くなっています。

中価格帯2位:フレシャス「SIPHON+(ロングタイプ)」 バランスのとれたベーシックモデル

フレシャスサイフォンプラス機種画像
実質月額料金(税込6,737円)の内訳
水代 6,237円
電気代 474円
スペック
サイズ 幅30cm、奥行き34cm、高さ122.5cm
水の種類 天然水
ボトルの種類/位置 ワンウェイ/上置き
主な機能 軽量で畳めるパック式のボトル

デザインや機能にすぐれ、高価格帯でコスパの良い機種を多くそろえるフレシャスのなかで、「SIPHON+(サイフォンプラス)」はベーシックモデルと位置づけられています。

実質月額は中価格帯のなかでは平均的な部類ですが、水のおいしさ、デザイン、機能ともバランスが良く、高コスパな評価になっています。「smartプラス」のデザインや機能が合わないという人におすすめです。

特徴は、7.2Lの軽量パック。ボトルと違って小さくたためるため、捨てる際に場所をとらずに便利です。7.2Lと軽いので、上置きでも比較的簡単に持ち上げられます。ただ、その分一般的な12Lボトルと比べて交換の頻度が高くなるのに注意が必要です。

中価格帯3位:コスモウォーター「ECOTTO」|熱々のお湯が好きな人向き

コスモウォーターエコット機種画像
実質月額料金(税込6,281円)の内訳
水代 6,156円
電気代 125円
スペック
サイズ 幅31cm、奥行き34.8cm、高さ129cm
水の種類 天然水
ボトルの種類/位置 ワンウェイ/上置き
主な機能 ケトル一体型

中価格帯の3機種の中で、実質月額が一番お手頃な「ECOTTO(エコット)」。ケトルと一体になっており、常にお湯を温めていないので、電気代が安く済んでいます。これが安さの理由です。冷水については、他のサーバーと同じで常に冷やす機能がついています。

ウォーターサーバーは基本的に温水の機能がついていますが、温度は80℃~90℃程度が基本です。100℃のお湯を使いたい人にとってはケトルと一体になっている「ECOTTO」が便利です。

また、サーバーの下部に予備ボトルの収納スペースがあり、予備のために場所を取らなくてすむのが嬉しいポイントです。

高価格帯|天然水+高機能のランキングTOP3

最後に、高価格帯。実質月額7,000円~8,000台のサーバーが対象です。すべてフレシャスの機種になりました。どれも評価は最高の★15。水はすべて天然水で、さらにデザイン性、機能性も高いので、どれも高い評価になっています。

【高価格帯・コスパおすすめ3選】

サーバー本体
フレシャスデュオ機種画像 フレシャススラット 機種画像 フレシャススラットカフェ機種画像
機種名
フレシャス「dewo」 フレシャス「Slat」 フレシャス「Slat+Cafe」
コスパ度
211
デザインサーバーの決定版
196
常温水がすぐ飲める
190
独自のカフェ機能が人気
評価
★15(水5、機能5、デザイン5) ★15(水5、機能5、デザイン5) ★15(水5、機能5、デザイン5)
実質月額料金(税込)
7,117円 7,666円 7,876円
水の種類
天然水 天然水 天然水
詳細

3機種とも赤ちゃんのミルク作りに便利な70℃の温度設定が可能。トレイがワイドで鍋なども置けます。吸水口が高く、楽な位置で水を注げます。

違いについては、「dewo」は丸みのあるフォルムが特徴。デザインが気に入った人におすすめです。「Slat」は通常の冷温水に加え、常温水や、コーヒー抽出に便利な90℃のお湯を出すことも可能です。「Slat+Cafe」は「Slat」の機能にカフェ機能が加わったものになっています。

これらのデザインや機能が欲しいという人は、上記の違いを意識しながら選んでみてください。一方、ここまでのものは必要ないという人は、より安価な価格帯を選ぶと良いでしょう。

高価格帯①:フレシャス「dewo」 丸みを帯びたデザインが特徴

フレシャスデュオ機種画像
実質月額料金(税込7,117円)の内訳
水代 6,237円
電気代 330円
レンタル料 550円
スペック
サイズ 幅29cm、奥行き36.3cm、高さ112.5cm
水の種類 天然水
ボトルの種類/位置 ワンウェイ/上置き
主な機能 高い給水位置、ワイドなトレイ、ボタン式の給水方法、軽量で畳めるパック式のボトル

フレシャスのデザイナーズモデルと位置づけられている「dewo(デュオ)」は、ベーシックモデルの「サイフォンプラス」と違ってレンタル料がかかるため、実質月額が高価格帯に位置しています。

ただ、その分高機能。給水位置が高くて注ぎやすく、トレイがワイドで鍋を置くこともできます。給水方法はボタン式で押しやすく、ボトルはパック式なのでゴミ捨てが便利です。

さらに、使い勝手の良さとデザイン性の両立が評価され、2015年にグッドデザイン賞を受賞。丸みを帯びたフォルムは他のサーバーと違いが明確です。お部屋のインテリア崩さないウォーターサーバーが欲しい人に人気のサーバーです。

高価格帯②:フレシャス「Slat」 温度調節機能が便利

フレシャススラット機種画像
実質月額料金(税込7,666円)の内訳
水代 6,296円
電気代 380円
レンタル料 990円
スペック
サイズ 幅29cm、奥行き36.3cm、高さ112.5cm
水の種類 天然水
ボトルの種類/位置 ワンウェイ/上置き
主な機能 高い給水位置、ワイドなトレイ、ボタン式の給水方法、軽量で畳めるパック式のボトル

デュオに劣らず「Slat(スラット)」も、全体のスペックが高いサーバーです。レンタル代がデュオよりも高く、その分実質月額が高くなっています。

デュオとの違いは温度調節機能。常温水の抽出が可能で、赤ちゃんのミルク作りに便利な70℃、コーヒーに適した90℃といった温度でも抽出できます。また、ボトルが下置きになっているのも便利です。

スラットも利便性とデザイン性の両立が評価され、2016年のグッドデザイン賞を受賞しています。

高価格帯③:フレシャス「Slat+cafe」|カフェ機能でテレワークが充実!

フレシャススラットカフェ機種画像
実質月額料金(税込7,996円)の内訳
水代 6,296円
電気代 380円
レンタル料 1,320円
スペック
サイズ 幅29cm、奥行き36.3cm、高さ112.5cm
水の種類 天然水
ボトルの種類/位置 ワンウェイ/下置き
主な機能 高い給水位置、ワイドなトレイ、ボタン式の給水方法、軽量で畳めるパック式のボトル、常温水の抽出、70℃、90℃の温水の抽出

「Slat+cafe(スラットカフェ)」はSlatにカフェ機能が搭載されたもの。機能としてはとても珍しいのですが、メーカーによると、カフェ機能はニーズが高く、フレシャスで1番の売れ筋になっているそうです。機能が増えた分、レンタル料も上がっています

カフェ機能は、専用のUCCドリップポッドをセットして使います。サーバーからそのまま抽出できるので時短になります。コーヒーだけでなく、紅茶や緑茶なども豊富に楽しめるラインナップです。

自宅でテレワークするすることが多く、コーヒーをよく飲む人にとってはコスパが高いと言えます。

目的別①:一人暮らし向けおすすめ3選

続いて、目的別のコスパの良いウォーターサーバーをご紹介していきます。今回は、以下の三つの観点でそれぞれのおすすめを決定しました。

  • 一人暮らし向け
  • おいしい水にこだわる人向け
  • 赤ちゃんがいる人向け

まずは一人暮らしの人におすすめな、コスパの良いウォーターサーバーです。

一人暮らしの場合、水を使う量が少ない月もありますが、そうした際の追加料金の発生や最低注文量といった「ノルマ」がないことが条件。さらに、狭い部屋にも置きやすいコンパクトさ、おしゃれさの観点から選出しました。

サーバー本体
アクアクララアクアファブ機種画像 フレシャスデュオ機種画像 プレミアムウォーターカド機種画像
機種名
アクアクララ「アクアファブ」 フレシャス「dewo」 プレミアムウォーター 「cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー」
実質月額料金(税込)
6,672円 7,117円 8,259円
サイズ
幅28.6cm、奥行き28.6cm、高さ132cm 幅29cm、奥行き36.3cm、高さ112.5cm 幅30cm、奥行き38.6cm、高さ116cm
水の種類
RO水 天然水 天然水
ボトルの種類/位置
天然水 天然水 天然水
詳細

真ん中のフレシャス「デュオ」は色味が淡く女性向き、右のプレミアムウォーター「cadoウォーターサーバー」は男性向きのスタイリッシュなデザインです。

デザイナーが手がけているアクアクララ「アクアファブ」は、水残量を確認するカバー横のスリットや、収納型のトレイ等、こだわりの詰まったデザインです。しかも、RO水のため月額がほかの2機種より安いのも魅力的。

「デュオ」デザインもおしゃれですが、SLEEP機能やエコモード等、節電のための機能も充実しており、電気代を大きく抑えられます。

「cadoウォーターサーバー」は実質月額が8,259円と少々高めですが、水交換の際に便利な下置きボトルや、水残量を知らせる給水ランプ等、機能面が充実しています。

サーバー自体のスペックの高さを求める人にはコスパが良いと言えます。

目的別②:水のおいしさで選ぶおすすめ3選

次は「水のおいしさは担保したうえでコスパを追求したい」という人向けの、コスパの良いサーバー3選です。水のおいしさについては、アクアソムリエの鶴田雅人さんに取材しました。

水の専門家

鶴田雅人さん

鶴田雅人さんアクアソムリエ

日本アクアソムリエ協会認定 アクアソムリエマイスター・公認講師。 水の味の違いに興味を持ち、国内外のミネラルウォーターを飲み比べている。 日本テレビ系列「月曜から夜ふかし」、 フジテレビ系列「99人の壁」など、メディアにも多数出演。
日本アクアソムリエ協会twitter

テレビ等のメディアに多数出演している鶴田さんですが、そんな水の専門家が最高の★5の評価をした以下のブランドごとに、最もコスパ度の高い3機種を厳選しました。

  • コスモウォーター
  • プレミアムウォーター
  • フレシャス
サーバー本体
フレシャスデュオ機種画像 コスモウォータースマートプラス機種画像 プレミアムウォータースリムサーバーⅢロング
機種名
フレシャス「dewo」 コスモウォーター「smartプラス」 プレミアムウォーター
「スリムサーバーⅢ(ロングタイプ)」
実質月額料金(税込)
7,117円 6,630円 6,989円
サイズ
幅29cm、奥行き36.3cm、高さ112.5cm 幅30cm、奥行き34cm、高さ110cm 幅27cm、奥行き36.3cm、高さ127.6cm
水の種類
天然水 天然水 天然水
ボトルの種類/位置
ワンウェイ/上置き ワンウェイ/下置き ワンウェイ/上置き
主な機能
・高い給水位置
・ワイドなトレイ
・ボタン式の給水方法
・軽量で畳めるパック式のボトル
・静音設計
・チャイルドロックのモード切り替え
・光センサーのエコモード
詳細

フレシャス「デュオ」は、天然水を3種の採水地なかから選べるのが特徴です。飲み比べることで自分に合った味をみつけることができそうです。

コスモウォーター「smartプラス」は3種の採水地のなかから最寄りのものが送られます。東日本に送られる静岡の水も高評価でしたが、関西圏に送られる京都の水は特に高い評価を受けました。

プレミアムウォーター「スリムサーバーⅢ(ロングタイプ)」も水のおいしさで高評価でした。フレシャス「SIPHON+」のようなベーシックモデルのサーバーで、特筆すべき機能があるわけではありませんが、幅27cmとその名の通りスリムなのが特徴です。

目的別③:赤ちゃんがいる人におすすめの3選

最後に、赤ちゃんがいる家庭におすすめなウォーターサーバーを紹介していきます。

ミルクを作るのに適した温水の温度(70℃)で水を注げる機種や、不純物を徹底的に取り除いたRO水のサーバーを中心に選びました。

サーバー本体
フレシャスデュオ機種画像 アクアクララアクアファブ機種画像 アルピナウォ―ターエコサーバー機種画像
機種名
フレシャス「dewo」 アクアクララ「アクアファブ」 アルピナウォーター「エコサーバー」
実質月額料金(税込)
7,117円 6,672円 4,961円
サイズ
幅29cm、奥行き36.3cm、高さ112.5cm 幅28.6cm、奥行き28.6cm、高さ132cm 幅28.6cm、奥行き28.6cm、高さ132cm
水の種類
天然水(硬度20~85) RO水(硬度29.7) RO水(硬度1以下)
ボトルの種類/位置
ワンウェイ/上置き ワンウェイ/上置き リターナブル(返却)/上置き
主な機能
・高い給水位置
・ワイドなトレイ
・ボタン式の給水方法
・軽量で畳めるパック式のボトル ・70℃の温水
・収納型のトレイ
・高い給水位置
・水の残量を確認できるスリット
・70℃の温水
詳細

一般社団法人日本乳業協会によると、赤ちゃんの体の負担を減らすため、ミルクには硬度の低い軟水を使うことが必要です(ミネラルが多く含まれているほど硬度は高くなります。
)。その基準は硬度100以下なので、今回紹介したサーバーの水はどれも基準をクリアしています。ただ、赤ちゃんにはできるだけ硬度の低い水を飲ませたいと思っている人は、上の機種がおすすめです。

フレシャス「dewo」は今回比較した天然水サーバーのなかで硬度が最も低い硬度20mgの木曽の水、それに次ぐ硬度24mgの富士の水と、硬度の低い水も選べます。70℃の温水を出すことも可能なので、利便性も高いです。

アクアクララ「アクアファブ」はRO水で、硬度も控えめ。給水位置が高いので、腰をかがめずに給水でき、小さい子どもの手が届きにくい設計になっています。

アルピナウォーター「エコサーバー」は天然水を原水にしたRO水で、70℃の温水を出すことも可能。さらに、硬度は驚きの1未満で、超軟水。まさに赤ちゃんの調乳に適したウォーターサーバーと言えます。実質月額料金も4,000円台とお手頃。赤ちゃんのいる家庭にとってはコスパ抜群です。

この記事のまとめ

  • ウォーターサーバーは冷水・温水がすぐでるという「時短」効果を重視する人にとっては高コスパ
  • 低価格帯で高コスパなのは①ワンウェイウォーター「smart」、②ウォータースタンド「ガーディアン」
  • 中価格帯で高コスパなのは①コスモウォーター「smartプラス」、②フレシャス「SIPHON+(ロングタイプ)」、③コスモウォーター「ECOTTO」
  • 高価格帯で高コスパなのは①フレシャス「dewo」、②フレシャス「Slat」、③フレシャス「Slat+cafe」
  • 一人暮らし向け、水のおいしさ、赤ちゃんのいる家族向けで共通して高コスパなのはフレシャス「dewo」
FacebookTwitterLine