ウォーターサーバーの無料お試しプラン4選 筆者が体験、意外な落とし穴は……

FacebookTwitterLine
ウォーターサーバーの無料お試しプラン4選

※記事で紹介した商品を申し込むと、売上の一部がミズノートに還元されることがあります。

ウォーターサーバーを導入したいけど、実際に自分の生活に合うかわからないため踏み切れない。あるいは一度設置すると、短期間での解約時に解約金が発生するため踏み切れない。このような人におすすめしたいのが、解約金が発生しないお試しプランです。

この記事では、筆者が実際に無料のお試しプランを利用思ったよりも手軽で気づくことも多かった、そのリアルな体験談をお伝えします。また、この体験をもとにまとめた「水の味」「使う量」「デザイン」「使い勝手」「音」の5つのチェックポイントを解説。さらに、おすすめの無料お試しプラン4つと有料プラン3つも紹介します。

お試し時にチェックすべき5つのポイント

多くのお試しプランでは、期間限定で一定量の水を無料で試せるので、契約したいサーバーが自分に合っているのか、気になる部分を確認するのにぴったりです。

お試し期間中にチェックすべきポイントをまとめると以下の5つになります。

  • ポイント1:水は自分の好みに合うか
  • ポイント2:どのくらいの量の水を使うのか
  • ポイント3:デザインやサイズは部屋に合うか
  • ポイント4:サーバーは使いやすいか
  • ポイント5:サーバーの音はうるさくないか

ポイント1:水は自分の好みに合うか

水の写真

ウォーターサーバーの水の種類は大きく分けて3つあります。天然水、RO水、浄水した水道水です。天然水は天然のミネラルを感じられる味なのが特徴。RO水や水道水は天然水より水代が安い場合が多いので、天然水にこだわらない、という人にはおすすめです。とはいえ、何が自分の好みに合うかは、試してみるのが一番です。

天然水は採水地によって様々なミネラルバランスがあり、癖がある場合もあるので、自分の好みにあうのか確認しましょう。

RO水は不純物を限りなくゼロに近づけた純水です。ミネラルが含まれていないか、人工的に足している場合があります。ミネラル分が豊富な水を求める人にはやや物足りない場合があるので、実際に飲んで確認すると良いでしょう。

水道水は自宅の水道水を、サーバーに付属している高性能な浄水器でろ過して使います。元の味との違いを実際に確かめられるのは貴重です。

ウォーターサーバーの水を料理に使いたい、という人も多いはず。ご飯やスープなどの調理に使ってみるのもいいでしょう。

ポイント2:どれくらいの量の水を使うか

ウォーターサーバーの費用の多くを占めるのが水代です。水の使用量に応じて変わるので、自分がどれくらいの量の水を使うのか、お試し期間中にチェックしましょう。

上の写真は、筆者が無料お試ししたアクアクララの12L入りボトルです。1週間で水をどれくらい消費したか、ボトル1本の水を消費するのに何日かかったかを確認し、1カ月あたりどれくらいの消費量になるのかを算出するのがおすすめです。

注意が必要なのは、設置当初は珍しかったり楽しかったりして、水を多く使いがちなことです。お試し期間中の消費量よりはペースを落として算出するか、有料にはなりますが1カ月以上のお試しプランを利用すると良いでしょう。

ポイント3:デザインやサイズは部屋に合うか

ウォーターサーバーのデザインやサイズが自分の部屋に合うかも確かめる必要があります。部屋の雰囲気やほかのインテリアとマッチするか、置いたときに生活動線の邪魔にならないかを確認しましょう。

(出典:オーケンウォーター公式サイト

上の写真はリビングのソファの脇に置いています。家族みんなが気軽に使うにはリビングに置くのが便利です。料理に使いたい場合はキッチンに置くと便利でしょう。間をとってリビングのキッチン寄りに置くという手もあります。

実際に置いて試すことで、部屋との調和とともに、使い勝手も確認することができます。

ポイント4:サーバーは使いやすいか

確認したいポイントは、水を出す時とボトル交換時の操作性・利便性です。

水を出す時は以下のような点をチェックしましょう。

  • コップや水筒、鍋などよく使う容器を置いた際に水を注ぎやすいか
  • 水を出すレバーやボタンが操作しやすいか
  • チャイルドロックが使いやすいか(ロックを外しにくいほど安全性は高まりますが、使い勝手が悪くなることがあります)

水ボトルは12Lのものが多いので、ボトルの設置位置によっては交換に苦労する場合があります。ボトルは持ちやすいか、自分一人で交換できるかを試しましょう。上置きのサーバーを試して交換が大変と感じた場合は6Lなど小さめのボトルを使うか、下置きのサーバーに切り替えるとよいです。

ポイント5:サーバーの音は大丈夫か

(出典:フレシャス公式サイト

ウォーターサーバーは電気を使うため、冷蔵庫と同じように水を冷やすコンプレッサの音や、温水をつくるためのヒーター音、水を補充する際のゴボゴボという音がする場合もあります。例えば、プレミアムウォーターによると、以下のような音があるそうです。

ブーンという音:コンプレッサーの音
ピキピキという音:冷媒ガスが流れる音
ウォーンという音(大きくはないもの):お水を給水するときのモーター音
プツプツ、ゴボゴボという音:温水が沸騰するときの音
キラキラ、サーという音:お水がパイプやタンクを流れている音
バキバキという音:お水がタンクに入っていくときや、勢いよくお水を給水するときに発生するボトルの収縮音(つぶれる音)
パチンという音:温度制御部品がON、OFFになる際に発生する音
(出典:プレミアムウォーター公式サイト

音が気になるかどうかは個人差があるので、自分や家族が気になるかを確かめましょう。静音タイプのウォーターサーバーを用意している会社も多いので、お試し時に気になったら、問い合わせてみると良いでしょう。ほかにも、設置場所を変える、床にカーペットを敷く、壁やほかの家具から少し離す、などの対策で音が気にならなくなる場合があります。

筆者が体験 簡単利用で色々気づける!

筆者は自宅でプレミアムウォーターのウォーターサーバーを使っています。天然水でおいしく、妻や子どもにも好評なのですが、費用をもっと抑えられたら……という思いもあり、RO水のアクアクララの無料お試しを利用することにしました。

ウェブで申し込み……3日後にサーバー到着

(出典:アクアクララ公式サイト

アクアクララの無料お試しは、12Lボトル1本を1週間利用できるというものです。公式サイトの右上にある「お申し込み」ボタン(上の写真のオレンジの枠部分)から申し込みをしました。

無料お試しの対象は床置きタイプの「アクアスリム」と卓上タイプの「アクアスリムS」の2機種があり、「アクアスリムS」を選択。名前や住所、希望するサーバー設置日などを入力し、申し込むと、第2希望希望だった3日後にサーバーが届くとのメールが来ました(連絡方法は電話も選択できます)。

申し込みの作業にかかった時間は10分ほどで、とても簡単でした。

実際に使用……意外な落とし穴は「音」だった!

当日はアクアクララのスタッフが自宅に来て、サーバーを設置してくれました。

「水が安い」「水は日本人の好みに合うようにミネラルを足している」「いつでも好きなタイミングで注文OK」「ボトルが返却する必要があるのはネック」といったセールストークはありましたが、デメリットも含めてわかりやすく説明してくれたのでありがたかったです。

上の写真は設置後のもの。ダイニングテーブルの脇にある棚の上に置きました。

思ったよりもボトルが目立つなあという印象。アクアクララにはボトルがむき出しになっていないデザインのサーバーもあるので、自分の場合はそちらが好きかも、と思いました。

お湯を注いでみます。

お湯のレバーにはチャイルドロックがついており、上の動画のように、レバーを押し込んで傾けるとお湯が出ます。赤ちゃん(0歳~3歳)はやらないであろう動きなので安心であり、大人なら片手で簡単に操作できるので便利でした。

水のほうはチャイルドロックは無いので、レバーを傾けるだけで注ぐことができます。

アクアクララのRO水は味わいを増すために人工的にミネラルが足されています。プレミアムウォーターの天然水と飲み比べたところ、天然水のほうがコク、味わいが自分好みではあったものの、意識を集中しないと分からないレベルの違いで、RO水も十分においしいと感じました。

一方、厳しいと感じたのが音でした。冷蔵庫のような、ブーンというくぐもった音が定期的に発生します。妻がダイニングテーブルを使って在宅勤務をしているのですが、「仕事に集中できない」と言われてしまいました……。これがネックになり、我が家ではアクアクララの導入は見送ることに。

ただ、音は人によって感じ方が違いますし、仕事をしたり寝たりする部屋でなければそれほど気にならないとも思います。

チェックポイントをまとめると、以下のようになります。

  • ポイント1:水は自分の好みに合うか→天然水と遜色なく、おいしい
  • ポイント2:どのくらいの量の水を使うのか→普段から使っているので今回は算出せず
  • ポイント3:デザインやサイズは部屋に合うか→思ったよりボトルが目立つ
  • ポイント4:サーバーは使いやすいか→使いやすい
  • ポイント5:サーバーの音はうるさくないか→気になった

自分の場合、お試しできて特に良かったのは水の味と音でした。お試ししたからこそわかったので、興味のある人は利用をおすすめします。

お断りの連絡……強引なセールスもなくスタッフが引き取り

使い始めて1週間たったところで、スタッフから電話がありました。申し訳ない気持ちはありましたが、導入できない旨を伝えました。

スタッフも残念がってはいたものの、「また機会があったら検討して下さい」というくらいで、特にセールスはなく、サーバーを引き取りにきてもらうことに。本当に無料でお試しすることができました。

「お試しは無料だけど、何かでお金を取られるのでは」「導入を断ることができないのでは」と不安に思っている人もいるかもしれませんが、その心配は無用といえます。

無料お試しプラン4選|基本は1週間で判断

それでは、ここからは無料お試しのプランを4つ紹介します。

お試し期間は基本的に1週間。クリクラのみ1カ月のプランがありますが、妊産婦もしくは1歳未満の赤ちゃんがいる家庭限定となります。

いずれのプランも完全無料で、本契約しない場合は断ることができます。

①アクアクララ「無料お試し」

【アクアクララのお試しプラン内容】

対象のサーバー アクアスリム アクアスリムS
料金(税込) 無料
期間 1週間
水の量 12Lボトル1本
水の種類 RO水
設置・引き取り スタッフが設置、引き取り

アクアクララの水を気軽にお試しできるレンタル無料プラン。次に紹介するクリクラとともに、RO水の2大メーカーなので、何をお試しするか迷ったら、まずはアクアクララかクリクラをお試しすることをおすすめします。

アクアクララのお試しで使えるのはスタンダードなウォーターサーバーで、床置きのアクアスリムまたは卓上設置可能なアクアスリムSに、12Lボトル1本がついています。

お試しできる量は少なめで、期間も1週間と短いため、使う水の量を把握しづらい点には注意が必要です。

【アクアクララの機種と料金】

通常プラン(税込) 2年割プラン(税込)
アクアスリム 水代:1,512円/12L
サポート料:1,100円
電気代:1,130円
水代:1,404円/12L
サポート料:1,100円
電気代:1,130円
アクアスリムS 水代:1,512円/12L
サポート料:1,100円
電気代:1,570円
水代:1,404円/12L
サポート料:1,100円
電気代:1,570円
アクアファブ 水代:1,512円/12L
サポート料:1,430円
電気代:1,030円
水代:1,404円/12L
サポート料:1,650円
電気代:1,030円
アクアウィズ 水代:1,512円/12L
サポート料:3,300円
電気代:900円(ECOモード時620円)
水代:1,404円/12L
サポート料:2,200円
電気代:900円(ECOモード時620円)
※毎月使う水の量に応じた水代に、サポート料と電気代を足すと月額金額になる
※2年割プランは2年ごとの更新で、更新月以外の解約は11,000円かかる。通常プランは1年未満での解約は6,600円かかる
※アクアウィズは別途ネスレ定期お届け便へのお申込みが必要

アクアクララの料金は水代と電気代の他に、サポート料があります。サーバー設置やメンテナンス料金がサポート料に含まれています。

サーバーはスリムなボディーの「アクアスリム」と、卓上設置ができる「アクアスリムS」、すっきりとスタイリッシュな「アクアファブ」、コーヒーマシンを搭載した「アクアウィズ」の4種類から選べます。

料金重視なら「アクアスリム」または「アクアスリムS」、インテリアにこだわりのある方にはボトル部分が見えない「アクアファブ」がおすすめです。

コーヒー好きに一押しなのが「アクアウィズ」。コーヒーメーカーや湯沸かし器などを別途用意する必要がないのでいつでも手軽においしいコーヒーを楽しむことができます。別途ネスレ定期お届け便へのお申込みが必要となります。

②クリクラ「無料お試し」

【クリクラ「無料お試し」の内容】

対象のサーバー クリクラサーバーLサイズ
料金(税込) 無料
期間 1週間
水の量 12Lボトル1本
水の種類 RO水
設置・引き取り スタッフが設置、引き取り

クリクラのRO水を完全無料でお試しできるプランです。アクアクララと同じで、期間が1週間と短く、使う水の量を把握しづらいので注意が必要です。また、卓上サイズのサーバーもありますが、お試しの場合は床置きのクリクラサーバーLサイズのみとなります。

【クリクラの機種と料金】

通常プラン(税込)
クリクラサーバーL 初回金:0円 水代:1,460円/12L 電気代:1,674円
クリクラFit 初回金:2,200円※ 水代:1,460円/12L 電気代:1,080円
クリクラ省エネサーバー 初回金:7,700円 水代:1,460円/12L 電気代:756円
※クリクラFitの再加熱機能付きタイプは初回金4,400円。ボトルカバーは別途 1,320円。
※3ヶ月で利用本数が6本未満の場合はサーバーレンタル料1,100円が必要

クリクラは12Lボトルの水を月平均2本以上注文すると、サーバーレンタル料がかかりません。入会金と解約金がないのもうれしいポイントです。水代のみで安くウォーターサーバーを利用したい人におすすめです。

ウォーターサーバーは、スタンダードタイプの「クリクラサーバー」と、幅がスリムでスタイリッシュな「クリクラFit」、電気代節約タイプの「クリクラ省エネサーバー」の3種類から選べます。「クリクラサーバー」と「クリクラ省エネサーバー」には、標準サイズのL型と卓上設置可能なS型があります。

「クリクラ省エネサーバー」は初回金7,700円が必要ですが、「クリクラサーバー」と比べて電気代が約900円安いので、計算上は9カ月以上使用した場合、合計コストが安くなることになります。

インテリアにこだわる人には、スリムタイプの「クリクラFit」が良いでしょう。明るいクールホワイトと落ち着いた雰囲気のブルーブラックの2色展開です。初回金は通常タイプが2,200円、再加熱機能付きが4,400円。別途1,320円でボトルカバーをつけることができます。

③クリクラ「クリクラママ 無料お試しプラン」

【クリクラママ 無料お試しプランの内容】

対象のサーバー クリクラサーバーLまたはS クリクラFit
料金(税込) 無料 初回金2,200円が必要。再加熱機能付きは4,400円。ボトルカバーは別途 1,320円
期間 2カ月
水の量 12Lボトル3本
水の種類 RO水
設置・引き取り スタッフが設置、引き取り

妊産婦もしくは1歳未満の赤ちゃんがいる家庭限定のお試しプランです。期間が2カ月と長く、12Lのボトル3本付くので、対象の人にはおすすめです。

お試しプランを利用し、継続して本契約した場合、追加で6本分の無料引換券がもらえるキャンペーン中です。対象世帯なら特典盛りだくさんのプランです。

④ウォータースタンド「無料お試しサービス」

【ウォータースタンド「無料お試しサービス」の内容】

対象のサーバー ネオ
料金(税込) 無料
期間 1週間
水の量 水道からの使用量による
水の種類 水道水
設置・引き取り スタッフが設置、引き取り

水道直結型のサーバーを無料でお試しできるサービス。お試し期間は1週間です。本契約後は水道工事をして設置するので、タンクへの水の補充やボトル交換の手間はありませんが、お試し期間中は専用タンクに水を入れるので工事は不要です。

【ウォータースタンドの主な機種と料金】

通常プラン(税込) 長得プラン(税込)
ガーディアン 水代:使用量による
サーバーレンタル料:4,928円
電気代:150円
水代:使用量による
サーバーレンタル料:4,400円
電気代:150円
ネオ 水代:使用量による
サーバーレンタル料:4,378円
電気代:675円
水代:使用量による
サーバーレンタル料:3,850円
電気代:675円
※長得プランは登録料11,000円(税込)が必要。

本契約時には水道直結工事が行われます。現在1番人気の「ガーディアン」は省エネ型のタンクレスウォーターサーバー。注水口が1カ所でスタイリッシュです。温水を高温(93℃)・中高温(85℃)・低温(75℃)で選べるので、用途や好みにあわせて調節できます。

価格を重視したい方はスタンダードタイプの「ネオ」がおすすめです。

長得プランは申込時に11,000円(税込み)が必要ですが、月々の料金から528円の割引になります。22カ月以上継続する予定の方はこちらがお得。また、各自治体が発行する「子育て支援パスポート」に協賛しているので、対象の方は申込時に確認しましょう。

有料お試しプラン3選|天然水を試したい人におすすめ

それではここからは有料のお試しプランを紹介します。ポイントは、天然水があることと、どれも期間が1カ月以上の長期であることです。

本契約しない場合は断ることができるのは、無料のお試しプランと同じです。

①オーケンウォーター「無料お試しキャンペーン」

【オーケンウォーター「無料お試しキャンペーン」の内容】

対象のサーバー スタイリッシュサーバーロングタイプ スタイリッシュサーバーショートタイプ
料金(税込) 設置料500円
期間 1カ月
水の量 12Lボトル1本
水の種類 天然水
RO水
設置・引き取り 佐川急便で配送、返却。電話連絡で返却手配をしてくれる。梱包は自分で
※北海道は配送に別途627円が必要。

オーケンウォーターは「無料」をうたっていますが、厳密には設置料500円がかかります。ただ、無料のお試しはRO水か水道水なので、天然水をお試しできるプランは貴重です。また、試せる期間が1カ月と長いので、使う水の量をより正確に確認できます。

【オーケンウォーターの機種と料金】

通常プラン(税込)
スタイリッシュウォーターサーバー 初回金:0円
水代※:京都丹波の銘水:2,041円/12L
プラスプレミアム:1620円/12L
電気代:約1,000円
スマートウォーターサーバー 初回金:0円
水代※:京都丹波の銘水:2,041円/12L
プラスプレミアム:1620円/12L
電気代:494円
※水の種類によって料金が異なる ※「スタイリッシュウォーターサーバー」は床置き型のロングタイプまたは卓上型のショートタイプの選択が可能

オーケンウォーターは、天然水のおいしさに定評のあるコスモウォーターの関連会社。天然水の場合は同じ水になります。味にこだわりがあり、天然水を試してみたい人におすすめです。

アクアソムリエの鶴田雅人さん最高評価の京都の天然水「京都丹波の銘水」のほか、高濃度バナジウム天然水「富士山の銘水」、ゲルマニウム天然水「大分天領の銘水」、赤ちゃんに優しいRO水「プラスプレミアム」があり、計4種類から選ぶことができます。

サーバーはいずれもカラーバリエーションが豊富。サーバーレンタル料無料なので、好みに合わせて選べます。一番人気は省エネ対応の「スマートウォーターサーバー」。スタイリッシュなだけでなく、水タンクが本体下部にあるので、交換時に重いボトルを上に持ち上げる必要がありません。

モダンな「スタイリッシュサーバー」は丸みを帯びたデザインが特長。床置きのロングタイプと卓上設置可能なショートタイプから選べます。

②アクアクララ「子育てアクアお試し」

【アクアクララ「子育てアクアお試し」の内容】

対象のサーバー アクアスリム アクアスリムS
料金(税込) 2,700円
期間 3カ月
水の量 12Lボトル5本
水の種類 RO水
設置・引き取り スタッフが設置、引き取り

子育て中のパパ・ママにおすすめなのがアクアクララの「子育てアクアお試し」です。6歳以下の未就学児がいる家庭限定のキャンペーンです。

無料ではありませんが、お試しできる量が12Lボトル5本と多く、期間も最大3カ月と長く試すことができます。赤ちゃんのミルクづくりにも活用できそうですね。継続の場合、毎月の料金が550円割り引かれるので、対象の人にはおすすめです。

【子育てアクアプランの機種と主な料金例】

アクアスリム 水代:1,512円/12L
サポート料:1,100円
電気代:1,130円
割引き:550円
アクアスリムS 水代:1,512円/12L
サポート料:1,100円
電気代:1,570円
割引き:550円
アクアファブ 水代:1,512円/12L
サポート料:1,430円
電気代:1,030円
割引き:550円
アクアウィズ <水代:1,512円/12L
サポート料:2,200円
電気代:900円(ECOモード時620円)
割引き:550円 /td>
※2年毎に自動更新。更新月以外の解約は11,000円かかる。

6歳以下の未就学児がいる家庭向けの割引きプランです。初月のサポート料は無料で、水注文のノルマがないのもうれしいですね。月々の料金は、サポート料と注文した水代の合計から550円が割り引かれます。2年未満の解約には途中解除料11,000円がかかります。

③ふじざくら命水「3ヶ月間安心スタート!解約金無料キャンペーン」

【ふじざくら命水「3ヶ月間安心スタート!解約金無料キャンペーンの内容】

対象のサーバー 床置きタイプ 卓上タイプ
料金(税込) 水代※
期間 3カ月
水の量 任意
水の種類 天然水
設置・引き取り 配送手配は会社、設置は自分で。解約連絡をしないと自動継続となる
※11.5Lボトルまたは9Lボトル2箱単位で注文。東北、関東、甲信越、北陸、東海以外の地域は配送料が必要。

こちらも天然水を低価格でお試ししたい人におすすめです。

水代はかかりますが、お試し期間が長いので、よりじっくりと使い、自分にとって必要かどうかを判断できるのがうれしいポイント。

ただし注意点が一つ。キャンペーン終了時に解約手続きをしないと自動継続となるので、手帳やカレンダーにお試し終了日をメモしておくと良いでしょう。

【ふじざくら命水の機種と主な料金例】

2年契約基本プラン(税込) 3年割りプラン(税込) ママ応援プラン(税込)
床置きタイプ 水代:1,674円/11.5L
サーバーレンタル料:733円
電気代:約1,200円(省エネ運転時約800円)
水代:1,566円/11.5L
サーバーレンタル料:733円
電気代:約1,200円(省エネ運転時約800円)
水代:1566円/11.5L
サーバーレンタル料:733円
電気代:約1,200円(省エネ運転時約800円)
卓上タイプ 水代:1,674円/11.5L※
サーバーレンタル料:733円
電気代:約1,200円(省エネ運転時約800円)
水代:1,566円/11.5L※
サーバーレンタル料:733円
電気代:約1,200円(省エネ運転時約800円)
水代:1566円/11.5L
サーバーレンタル料:733円
電気代:約1,200円(省エネ運転時約800円)
※水は11.5Lボトルまたは9Lボトル2箱単位で注文。1週間ごと、2週間ごと、3週間ごと、4週間ごとの定期配送。東北、関東、甲信越、北陸、東海以外の地域は配送料が必要
※各プラン解約には解約金が必要。通常プランは2年未満で14,300円が必要。3年割りプランは1年未満18,700円、2年未満16,500円、3年未満14,300円

サーバーは床置きまたは卓上の2タイプ。冷水2段階(冷水・弱冷)とお湯3段階(温水・高温・エコモード)の調節など、基本的な機能がしっかりと備わっています。

オーケンウォーター同様、ワンウェイ方式のためボトルの回収はなく、使用後は捨てられます。

長期継続予定の人は、3年割りプランがお得です。11.5Lの水を約100円割引で購入できます。

妊娠中から中学3年生までの子育て世帯ならママ応援プランがお得です。水代は3年割りプランと同額ですが、ウォーターサーバーのレンタル料金6ヶ月分とふじざくら命水11.5Lボトル6箱のプレゼントがあります。

この記事のまとめ

  • 無料お試しプランは1週間が基本
  • 有料お試しプランは1~3カ月と長期間使える
  • 天然水を試したいなら有料お試しプランで
  • 子育て家庭向けのプランはお得なことが多いのでチェックすると良い
  • 会社ごとに水の種類が異なるのであらかじめ確認する必要がある
  • いずれもお試しして自分に合わなければ本契約を断ることができる
FacebookTwitterLine