【デザインのプロ厳選】おしゃれなウォーターサーバートップ9! 空間になじむシンプルさが肝心

FacebookTwitterLine
おしゃれなウォーターサーバーおすすめ
※記事で紹介した商品を申し込むと、売上の一部がミズノートに還元されることがあります。

「お部屋のインテリアに合うウォーターサーバーがいいな…」
「おしゃれなウォーターサーバーってないの?」

飲み水や料理時に便利なウォーターサーバーですが、こんな風に思っている人も多いと思います。

そこで今回は、人気の22機種のなかから、デザインのプロに取材し、おしゃれなサーバーを9機種厳選してもらいました。

デザインにこだわりたい人がウォーターサーバーを選ぶ時のコツは、優先度が高い順に、以下の3点です。

  1. 好きなデザインか
  2. サイズと料金が自宅や財布に合うか
  3. こだわりの水・機能が必要か

この観点で選べば、ぴったりのおしゃれなウォーターサーバーがきっと見つかるはず。おしゃれなウォーターサーバーが欲しいと考えている人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

おしゃれ重視なら「空間になじむシンプルなもの」を選ぶのがコツ

今回の9機種は、人気22機種のうち、デザインの専門家、インテリアコーディネーターのMAKOさんが5点満点で5点か4点をつけたものをピックアップしました。

デザインの専門家

MAKOさん

MAKOさんインテリアコーディネーター

インテリアコーディネートサービスの株式会社Laugh style代表。積水ハウス等法人でのセミナーも行う。日テレ『ヒルナンデス』、TBS『Nスタ』、フジテレビ『めざましテレビ』他、ラジオ・雑誌・WEB等数多くのメディアに出演。
InstagramtwitterブログLaugh style公式サイト

MAKOさんによると、「 スッキリシンプル」「 空間になじむか」が、おしゃれなウォーターサーバーを選ぶ上で重要とのこと。

「シンプルなもののほうがインテリアを選ばないです。ウォーターサーバーの場合、注ぎ口やトレイ、ボトルなどが凹凸の要因になりますが、凹凸があまりなく、一つの面上に収まるような、直線ラインで成り立っているものが良いですね。デコボコしていると、単色でも乱雑に見えてしまいます。物体や機能を成り立たせている線の数が少なく、視界に余計なものが入らないデザインが、スッキリしたデザインになります」

まずはMAKOさんのコメントを参考に、デザインに注目してみてください。

次にサイズ(特に幅と奥行き)。設置場所に困らないような、場所を取らないものが良いです。

次に料金。実質月額とは、水代、電気代など、月々にかかる総合的な価格ですが、基準としては、5,000円〜6,000円台が安め、7,000円〜8,000円台はちょっと高めです。

それでも決まらない場合、天然水が良い、赤ちゃんのミルクを作れるのに便利な弱温モード付き、カフェ機能がついている、など、最後にこだわりの水や機能で選ぶと良いでしょう。

MAKOさんの部屋に置かれたフレシャス「デュオミニ」 MAKOさんの部屋に置かれたフレシャス「デュオミニ」

上の写真はMAKOさんの自宅。フレシャス「デュオミニ」が置かれています。まだ小さいお子さんのミルク作りで活躍しているそうです。

おしゃれなウォーターサーバートップ9!

今回比較する9機種は、以下の表の通りです。順位は、デザイン評価の高い順。デザイン評価が同じ点数の場合、「水のおいしさ」「機能・使い勝手」「料金」の3つの項目を加えた総合評価が高い機種を上位にしています。

※水のおいしさはアクアソムリエの鶴田雅人さん、機能は家電女優の奈津子さんに評価してもらいました。料金は編集部の試算によります。

ウォーターサーバーにはたくさんのブランドがありますが、結果的に「フレシャス」「プレミアムウォーター」「アクアクララ」の3ブランドに絞られました。デザイン面にこだわるのであれば、この3ブランドから選ぶのがおすすめです。

1位 1位 1位 1位 5位 5位 7位 7位 9位
ブランド「機種名」 フレシャス「デュオ」 フレシャス「スラット+カフェ」 フレシャス「スラット」 アクアクララ「アクアファブ」 プレミアムウォーター「cado」 フレシャス「サイフォン(ロングタイプ)」 フレシャス「デュオミニ」 プレミアムウォーター「amadanaスタンダードサーバー」 プレミアムウォーター「amadanaウォーターサーバー」
写真 フレシャス「デュオ」 フレシャス「Slat+cafe」 フレシャス「Slat」 アクアクララ「アクアファブ」 プレミアムウォーター「cado」 フレシャス「サイフォン(ロングタイプ」) フレシャス「デュオミニ」 プレミアムウォーター「amadanaスタンダードサーバー」 プレミアムウォーター「amadanaウォーターサーバー」
月額料金 ¥7,117 ¥7,876 ¥7,666 ¥6,672 ¥8,259 ¥6,737 ¥8,692 ¥7,549 ¥8,569
サイズ 幅29cm、奥行き36.3cm、高さ112.5cm 幅29cm、奥行き35cm、高さ111cm 幅29cm、奥行き35cm、高さ111cm 幅28.6cm、奥行き28.6cm、高さ132cm 幅30cm、奥行き38.6cm、高さ116cm 幅30cm、奥行き34cm、高さ 122.5cm 幅25cm、奥行き29.5cm、高さ47cm 幅27cm、奥行き33cm、高さ132.6cm 幅39.2cm、奥行き39.2cm、高さ138cm
タイプ 下置き 下置き 下置き 卓上
天然水 天然水 天然水 RO水 天然水 天然水 天然水 天然水 天然水
ミルク
常温
カフェ
リンク 公式 公式 公式 公式 公式 公式 公式 公式 公式

ここからは1機種ずつ紹介していきます。それぞれデザインや特徴の説明があり、さらにMAKOさんのコメントも。ぜひ参考にしてみてください。

1位:フレシャス「dewo」 くすみカラーとシンプルさが大人女子ウケ

フレシャス「デュオ」
デザイン評価
★★★★★
・サイズ:幅129cm、奥行き36.3cm、高さ112.5cm
・カラー:①スカイグレー、②メタリックブラック、③ミルキーベージュ、④ペールブルー、⑤ローズトープ
水評価
★★★★★
・天然水:富士(5)、木曽(5)、朝霞高原(3)から選べる(カッコ内の数字は味の評価)
機能評価
★★★★★
・ボトル:ワンウェイ、上置き
・給水:ボタンプッシュ式、ワイドなトレイで鍋など置ける
・温度:水4~10度、湯80~85度。エコモードで65~75度
料金評価
★★★☆☆
実質月額(税込み):7,117円
└水代(36L):6,237円
└電気代:330円
└サポート料:0円
└レンタル料:550円
└初期費用:0円

※実質月額は、家族3人での使用を想定した月36L使用時の水代、電気代、サポート料、レンタル料というランニングコストに、申込料や初回金などの初期費用を月額換算して足したもの(初期費用は2年間使う想定で24で割って算入)。他のサーバーでも条件は同じです。

「dewo(デュオ)」は、世界的にも活躍している、インテリアスタイリストの窪川勝哉氏と、プロダクトデザイナーの安積伸氏の共同デザイン。

「見た目がスッキリしているのに丸みもあります。このデュオのように、『くすんだ色味』が最近多いですよね。パステルとは少し違い、グレーがプラスされているような。窪川さんが、ここ近年のインテリア傾向を考慮して、ペールブルーとローズトープという2色を出されています。とてもキレイです」

MAKOさんも絶賛していたデュオ。ボタンプッシュ式なので給水口の凹凸もなく、すっきりシンプルなおしゃれさが魅力的です。

また、デュオはエコモード時に湯の温度が65℃〜75℃になるので、赤ちゃんの調乳にも適しています。

同率1位:フレシャス「Slat + cafe」|コーヒーメーカーと2 in 1

フレシャス「スラット+カフェ」
デザイン評価
★★★★★
サイズ:幅29cm、奥行き35cm、高さ111cm
カラー:①マットブラック②マットホワイト
水評価
★★★★★
天然水:富士(5)のみ
機能評価
★★★★★
ボトル:ワンウェイ(使い捨て)、下置き
給水:ボタンプッシュ式、給水位置が高くて楽、ワイドなトレイで鍋など置ける
温度:水4~10度、湯80~85度。エコモードで70~75度。再加熱で90度。常温水あり
料金評価
★★★☆☆
実質月額(税込み):7,876円
└水代(36L):6,296円
└電気代:380円
└サポート料:0円
└レンタル料:1,320円
└初期費用:0円

デュオに続いてさらにスッキリシンプルなデザインなのが、スラット+カフェ。しかも、コーヒーメーカー付きという、機能性の面白さを持ち合わせています。

「黒以外の色が入っていないので、デザインの観点ですごく置きやすいと思います。キッチンカウンターのラインと同じくらいの高さなので、使いやすさも考えられていますね。コップを入れる注ぎ口のところも面上にスッキリ収まっていて、コンパクトです」

全体が、黒一色、白一色で統一されていて、リビングやキッチン、寝室など、どんな部屋にもなじみそうです。

同率1位:フレシャス「Slat」 空間になじむシンプルなキレイさ

フレシャス「スラット」
デザイン評価
★★★★★
サイズ:幅29cm、奥行き35cm、高さ111cm
カラー:①マットブラック②マットホワイト
水評価
★★★★★
天然水:富士(5)のみ
機能評価
★★★★★
ボトル:ワンウェイ、下置き
給水:ボタンプッシュ式、給水位置が高くて楽、ワイドなトレイで鍋など置ける
温度:水4~10度、湯80~85度。エコモードで70~75度。再加熱で90度。常温水あり
料金評価
★★★☆☆
実質月額(税込み):7,666円
└水代(36L):6,296円
└電気代:380円
└サポート料:0円
└レンタル料:990円
└初期費用:0円

「Slat(スラット)」は先ほどの「スラット+カフェ」の、コーヒーメーカーがない通常のウォーターサーバーバージョン。

デザインもまったく同じで、スッキリとしたシンプル感があります。もはや見ていて気持ちが良いですね。

実質月額で見ると若干スラット+カフェより安いので、コーヒーメーカーはすでにある、コーヒーをあまり飲まない、という人には、こちらで十分でしょう。

4位:アクアクララ「AQUA FAB」 老若男女を問わないスタイリッシュさ

アクアクララ「アクアファブ」
デザイン評価
★★★★★
サイズ:幅28.6cm、奥行き28.6cm、高さ132cm
カラー:①ホワイト②ブラック
水評価
★★☆☆☆
RO水
機能評価
★★★★☆
ボトル:リターナブル(返却式)、下置き
給水:レバー式、給水位置が高くて楽、トレイが収納できる
温度:水5~12度、湯80~90度
料金評価
★★★★☆
実質月額(税込み):6,672円
└水代(36L):4,212円
└電気代:1,030円
└サポート料:1,430円
└レンタル料:0円
└初期費用:0円

「変な凹凸がなく、すっきりと面状におさまっているのが評価ポイント」

こちらはアートディレクターの山﨑晴太郎氏が手がけたデザインで、2018年にグッドデザイン賞を受賞

デザインに違和感のないボトルカバーつきで、トレイが収納式になっていることから、一体感のあるデザインが評価に繋がりました。

本体のマットなカラーにノズルの高級感がアクセントになり、きれいなデザインです。

5位:プレミアムウォーター「cadoウォーターサーバー」 ラグジュアリーなデザイン

プレミアムウォーター「cado」
デザイン評価
★★★★☆
サイズ:幅36cm、奥行き38.6cm、高さ116cm
カラー:①ホワイト、②ブラック、③ボルドー
水評価
★★★★★
天然水:富士吉田(5)、富士(5)、北アルプス(5)、朝来(5)、金城(4)、南阿蘇(4)のうち、最寄りの水が届く
機能評価
★★★★★
ボトル:ワンウェイ、下置き
給水:タッチパネル式、水残量が給水ランプで判別
温度:水8度、湯83度、弱冷水15度、再加熱90度
料金評価
★★☆☆☆
実質月額(税込み):8,259円
└水代(36L):6,351円
└電気代:670円
└サポート料:0円
└レンタル料:1,100円
└初期費用:138円

こちらのcadoウォーターサーバーは、モダンでスタイリッシュなデザイン。

一見、インテリア上級者の人向けに見えますが、どこに置いても空間になじむとMAKOさんは言います。

どちらかというと男性向けのデザインで、モダンな感じですよね。キッチンに置いてもリビングに置いても、空間に溶け込むデザインです。ボルドーは、フェラーリとか車が好きな方は選ばれそうですね。

さらに、ボトルが下部に設置されているので、ボトル交換も楽チンです。

同率5位:フレシャス「SIPHON+」 安いのにおいしい天然水が味わえる

フレシャス「サイフォン+(ロングタイプ)」
デザイン評価
★★★★☆
サイズ:幅30cm、奥行き34cm、高さ122.5cm
カラー:①クールホワイト、②ショコラブラウン、③クールブラック、④シャイニーホワイト、⑤パールピンク、⑥ミルキーベージュ
水評価
★★★★★
天然水:富士(5)、木曽(5)から選べる
機能評価
★★★☆☆
ボトル:ワンウェイ、上置き
給水:レバープッシュ式
温度:水3.5~8度、湯80~90度
料金評価
★★★★☆
実質月額(税込み):6,737円
└水代(36L):6,237円
└電気代:500円
└サポート料:0円
└レンタル料:0円
└初期費用:0円

「SIPHON+(サイフォンプラス)」のカラーはベースにパールが入っています。

「パールが入っていることで高級感や立体感の出るデザインになっています」

また、部屋の明るさに合わせて光センサーが発動し、電力を節約する機能が。

24時間365日稼働しているウォーターサーバー。自発的に節電してくれるのは、お財布にやさしくありがたいですね。

7位:フレシャス「dewo mini」 キッチンカウンターをぐっとモダンに

フレシャス「デュオミニ」
デザイン評価
★★★★☆
サイズ:幅25cm、奥行き29.5cm、高さ47cm
カラー:①メタリックブラック、②スカイグレー、③カッパーブラウン
水評価
★★★★★
天然水:富士(5)のみ
機能評価
★★★☆☆
ボトル:ワンウェイ、上置き
給水:ボタンプッシュ式、トレイはワイドで鍋など置ける
温度:水5~10度、湯80~85度、エコモード70~75度
料金評価
★★☆☆☆
実質月額(税込み):8,692円
└水代(36L):7,652円
└電気代:490円
└サポート料:0円
└レンタル料:550円
└初期費用:0円

「dewo mini(デュオミニ)」は、先ほど紹介した「デュオ」の卓上版。

給水のトレイ部分はワイドな造りで、お鍋を置いたまま水を注げるようになっており、料理には大変便利です。

卓上型はキッチンカウンター等に置くことを想定され作られていることが多いですが、インテリアの観点だと、他の家電と調和するか、注意が必要だとMAKOさんは言います。

「高さが50cm弱あるので、他のキッチン家電と高さを合わせられるかがポイントです」

デュオミニが良い!と思った人は、既に自宅にあるキッチンカウンターの家電やモノと合うか、測ってみるのをおすすめします。

プレミアムウォーター「amadanaスタンダードサーバー」
デザイン評価
★★★★☆
サイズ:幅27cm、奥行き33cm、高さ132.647cm
カラー:①ブラック、②ホワイト、③ブラウン
水評価
★★★★★
天然水:富士吉田(5)、富士(5)、北アルプス(5)、朝来(5)、金城(4)、南阿蘇(4)のうち、最寄りの水が届く
機能評価
★★☆☆☆
ボトル:ワンウェイ、上置き
給水:レバープッシュ式、給水位置は低め
温度:水6度、湯87度
料金評価
★★★☆☆
実質月額(税込み):7,549円
└水代(36L):6,351円
└電気代:1,060円
└サポート料:0円
└レンタル料:0円
└初期費用:138円

「amadanaスタンドサーバー」は、デザイン家電で有名なamadanaとのコラボモデル。次に紹介する「amadanaウォーターサーバー」に次ぐコラボ第2弾です。

amadanaウォーターサーバーはデザインの独自性が強かったものの、サイズが大きかったり、レンタル代がかかったりと、ややとっつきにくい部分もありました。amadanaウォーターサーバーはおしゃれすぎずさりげなく空間になじむようなデザイン。

そして幅が27cmと、圧倒的にスリム。サイズが大きいと置く場所が限られてきてしまうので、コンパクトなデザインが魅力的です。

「ウォーターサーバーを置ける場所はスペースの問題やコンセントの問題で限られるので、やっぱりコンパクトなものが良いですね」

9位:プレミアムウォーター 「amadanaウォーターサーバー」 木製置台が一目置かれる変わったデザイン

プレミアムウォーター「amadanaウォーターサーバー」
デザイン評価
★★★★☆
サイズ:幅39.2cm、奥行き39.2cm、高さ138cm
カラー:①ブラック、②ホワイト、③ブラウン
水評価
★★★★★
天然水:富士吉田(5)、富士(5)、北アルプス(5)、朝来(5)、金城(4)、南阿蘇(4)のうち、最寄りの水が届く
機能評価
★★☆☆☆
ボトル:ワンウェイ、上置き
給水:レバープッシュ式、給水位置は低め
温度:水6度、湯87度
料金評価
★★☆☆☆
実質月額(税込み):8,569円
└水代(36L):6,351円
└電気代:980円
└サポート料:0円
└レンタル料:1,100円
└初期費用:138円

amadanaウォーターサーバーは、デザインウォーターサーバーのはしりの機種。下部に木製置台がついている珍しいデザインです。

「脚のあるタイプは他のメーカーにはないので、空間を差別化したい方には良いですね。北欧やレトロっぽさがあり、色合いはブラウンが全体的なバランスが合っています。白は少し浮く感じなので、まだ黒のほうが良いですね」

本体自体がおしゃれのでインテリア上級者向けに見えますが、カントリーやナチュラル、モダンといった比較的幅広いテイストの部屋に合わせやすいデザインになっています。

インテリアコーディネートのコツ|迷ったら「凹凸が少ない+黒か白」のものを!

各機種の使用事例の写真を見ても、実際にどんなデザインを選んだら良いのか、自宅のインテリアにどんな色合いのものが合うのか、わからないこともあると思います。ここではMAKOさんに聞いた、インテリアとの合わせ方のコツを紹介します。

ベースは凹凸のないデザイン

冒頭でも説明しましたが、そもそもの考え方として、あまり凹凸がなく面上に収まっているかがおしゃれ感のポイントだとMAKOさんは言います。

カラーは迷ったら白か黒

また、どんなカラーを選んだらいいのかわからない、まだなりたい部屋の系統が定まってない、という時は、大きく二つの方向性に分けて、白か黒のどちらかを選ぶと良いそうです。

「明るくしたい、和やかにしたい思ったら白を選び、かっこよくしたい、シャープにしたい、あるいは空間を締めたい、という時は黒を入れましょう。部屋に色物が結構あり、締めたい、明るい、など、自分がどちらよりにしたいのかわからない時は、基本白を選ぶと良いです。大体の壁紙が白なので、壁になじませ、圧迫感を減らすのがポイントです」

たしかに、以下の写真の部屋はナチュラルな雰囲気ですが、黒いウォーターサーバーが一つあるだけで、空間が締まって見えますよね。

リビング側は家具っぽさ重視

キッチン側に置くときは家電ぽさがあっても違和感がでませんが、特にリビング側にウォーターサーバーを置く場合は、家具っぽさがあることが、周りの家具や空間に溶け込ませるコツなんだとか。

他の家具との高さを合わせるのがコツ

他の家具と合わせる際は、背の高さを合わせるのがコツ。床置きの場合はサーバーの高さを、卓上の場合は台に置いたときの高さを測り、自宅の家具や家電と比べてみると良いです。絵などを飾る際も、サーバーと高さをそろえると良いそうです。

また、単体で置くと浮いてしまうときは、同じ高さの観葉植物を置くとなじんで良いそうです。

まとめ|空間になじみシンプル=おしゃれ

アクアクララ「アクアファブ」

MAKOさんが何度も口にしていたのが、「スッキリキレイ」「空間になじむ」というワード。

おしゃれなウォーターサーバーは、サーバー自体がカラフル、特徴的、というより、サーバー自体のデザインがシンプルだとどんな部屋にも合うものだとわかったと思います。

シンプルなデザインというのは、凹凸が少なく面上に収まっているもので、全体的な色の統一感のあるもの

これさえおさえていれば、あなたの部屋にぴったりの、おしゃれなウォーターサーバーが見つかるはずです。

FacebookTwitterLine