炭酸水ウォーターサーバーの実力を使って検証! おいしさや利便性が魅力

FacebookTwitterLine
炭酸水ウォーターサーバーの実力を使って検証

※記事で紹介した商品を申し込むと、売上の一部がミズノートに還元されることがあります。

「炭酸水が作れるウォーターサーバーの特徴や、おすすめの機種について知りたい」。このように思っている人も多いのではないでしょうか。結論から言うと、炭酸機能がついているウォーターサーバーは、ペットボトルやソーダストリームよりも、コストがかかる一方、利便性や機能性が高いです。

この記事では、炭酸機能つきウォーターサーバーをペットボトル、ソーダストリームと比較。メリット・デメリットを解説します。サーバーの利用者が実際にどのように感じているか、口コミも紹介します。

さらに、実際に炭酸機能つきウォーターサーバーを使用し、使い勝手を検証。おすすめの機種も紹介します。

ペットボトル・ソーダストリームと比較|こだわりの「家飲み」ならウォーターサーバー!

家庭で炭酸水を楽しむ方法としては、主に以下の3つがあります。

  • 炭酸機能付きウォーターサーバー
  • 炭酸水のペットボトル
  • ソーダストリームなどの炭酸水メーカー

ざっくり言うと、金額面を気にするならソーダストリーム、炭酸水をつくる手間が嫌ならペットボトル、天然水の炭酸水を、好みの炭酸強度で飲みたいといった、こだわりのある人はウォーターサーバーという関係にあります。

金額面:ソーダストリーム>ペットボトル>ウォーターサーバー

以下の表は、炭酸水を作れるウォーターサーバーのキララ「スマートサーバー」と、Amazonでベストセラーになっているペットボトルのアサヒ飲料「ウィルキンソン」、ソーダストリームのなかでも人気No.1という「Spirit One Touch」を比べたものです。

【炭酸水500mlあたりの金額(税込)】

キララ「スマートサーバー」 アサヒ飲料「ウィルキンソン」 ソーダストリーム「Spirit One Touch」

130円程度

80円程度

60円程度

金額面では、ソーダストリームが優秀です。公式サイトでは「500mlあたり約18円」とされていますが、本体の購入にかかる費用(スターターキットについてくるガスシリンダー代をのぞいた約18,000円)は含まれていません。上の表では、本体を2年間使い、毎月9.8Lの炭酸水を利用すると仮定し、本体の価格も算入しています。

ウィルキンソンの場合はAmazonで12Lをまとめて購入した場合の金額。送料も含んでいます。

キララの場合、炭酸水をつくるために発生する費用として、ガスカートリッジ代(58.8Lあたり3,960円)と水代(29Lあたり5,832円)、炭酸シェイカー代がかかります。こちらも毎月9.8L使用すると仮定して算出しています。

炭酸水をたくさん飲みたい、安く飲みたい、というかたにはソーダストリームがおすすめです。

炭酸機能:ソーダストリーム>ウォーターサーバー>ペットボトル

【炭酸機能の比較】

キララ「スマートサーバー」 アサヒ飲料「ウィルキンソン」 ソーダストリーム「Spirit One Touch」
  • 追い炭酸可能
  • 容器を振る回数で炭酸の強さを調整
  • 飲み残すと炭酸が途中で抜ける恐れ
  • 炭酸の強さは調整不可
  • 追い炭酸可能
  • 3つのボタンで炭酸の強さを変更可能

炭酸水を楽しむという観点で比較したのが上の表です。炭酸水の場合、多くの人が気にするのが、飲んでいるうちに容器に残った炭酸が抜けてくることです。

キララとソーダストリームの場合、容器に炭酸を再度加える「追い炭酸」が可能です。ソーダストリームの場合はボタンプッシュのみ。キララの場合は炭酸を加えたあとに容器を振ってなじませる必要があります。

使い勝手:どの手間を惜しむかで分かれる

【使い勝手の比較】

キララ「スマートサーバー」 アサヒ飲料「ウィルキンソン」 ソーダストリーム「Spirit One Touch」

【便利な点】
  • 天然水を使用可能
  • 冷水を常に使用可能
【不便な点】
  • 炭酸水を作る手間がかかる
  • サーバーの設置やメンテナンスが必要

【便利な点】
  • 作る手間がかからない
【不便な点】
  • 定期的に買い足す必要がある

【便利な点】
  • ボタンひとつで炭酸水を作れる
【不便な点】
  • 水を別途用意し、冷やしておく必要がある

使い勝手の観点で比べると、それぞれ一長一短あります。

ウォーターサーバーは、冷たい天然水を好きな時に使えるのが最大のメリットです。一方、炭酸水を作るときには手間が発生します。また、どこかにしまっておくことはできないので、部屋の中に設置スペースが必要です。サーバーを掃除するメンテナンスも必要です。

ペットボトルは炭酸水を作る手間がありません。しかし、こまめに購入し、冷やしておく必要があります。飲みたいときにうっかり冷やし忘れ、というリスクもあります。

コストと炭酸機能で優位にたっていたソーダストリームですが、欠点は、冷やした水を別途用意しておく必要があることです。

炭酸水の手間か、購入の手間か、水の用意の手間か、どれなら許容できるかによって決めるのがよいでしょう。

また、コストを気にしないのであれば、ウォーターサーバーの水でソーダストリームを使って炭酸水を作るのが最も便利になります。

いまならウォータースタンドの「夏トク!キャンペーン」(7月31日まで)かアクアクララの「かならずもらえるキャンペーン」(9月30日まで)でソーダストリームが必ずもらえます。詳しくは以下の公式サイトを見てみてください。

口コミ調査|配達の利便性・水のおいしさが好評!値段の高さが弱み

炭酸水のグラスが並んでいる様子

ここまでメリットとデメリットを紹介してきましたが、実際にウォーターサーバーで炭酸水を作っている人はどの点を特に重視しているのでしょうか。キララ「スマートサーバー(スマートサーバー)」を使用しているユーザー13人に調査しました。

メリット|「ペットボトルで買う必要がない」「すぐ飲める」

導入して良かった点の1位〜3位は、以下の通りです。

1位 炭酸水をペットボトルで買う必要がない
2位 いつでもできたての炭酸水を飲める
3位 好みの炭酸の強さに設定できる

特に多かったのは、炭酸水のペットボトルを購入する必要がなく、おいしい水・炭酸水をすぐに飲めるという利便性についての口コミです。

20代男性

料理に美味しい水が使えることと以前ペットボトルの水を買っていたのですが、今は月に一回程度配達してくれるシステムになっているので、買いに行く手間も省けました。配達してくれるのがすごくいいです。

20代女性

冷たいお水や、温かいお湯を、沸かすことなくすぐに飲めるので助かっています。そして子どもを、待たせずにすぐにミルクを作ってあげれるので、ウォーターサーバーを家に置いていて良かったと思います。私自身が、お水が苦手だったのですが、ウォーターサーバーのお水は美味しくて毎日のように子どもと一緒に飲んでいます。

20代女性

冷たくて美味しいお水やお湯をすぐに飲むことができ家族みんな大満足です。色も3色から選ぶことができ、デザインもスリムなためインテリアにも合わせやすく置き場にも困りませんでした。炭酸水も出すことができるため、お酒を割ったり、ジュースやお菓子をつくったり、お風呂上がりの一杯や朝の一杯と朝から晩まで色々な場面で使わせていただいています

スマートサーバーの場合でも、水のボトルの交換は必要です。ただ、1本あたり5.8Lなので、500mlのペットボトルに換算すると11.6本分を使うことができます。

このように、いつでもすぐに天然水で作る炭酸水を飲める利便性は他にはない利点と言えるでしょう。「早い」「うまい」の二拍子が揃っていると言えます。

また、口コミにもあるように、冷たい水や温かいお湯がすぐ出て便利だというウォーターサーバー自体の機能についても好評でした。

利便性と機能性にこだわりたい人はメリットを享受できるでしょう。

デメリット|「値段が高い」「お手入れが面倒」

次に、導入して悪かった点の1位〜3位は以下の通り。

1位 値段が高い
2位 手入れが必要
3位 炭酸水の機能しか使っていない

デメリットでは、値段の高さについて気にしている人が多い傾向にありました。

30代女性

水としては少し割高になってしまう点と、電気代がかかってしまうこと。場所もとるので、コンセントなどのことも考えて設置しなければならないこと。

30代女性

ほとんどと言って良いほどデメリットと言うのはあまり感じないのですが強いて言うならば水の設置が大変でめんどくさい!というかんじです。女性で体力もあまりないのでそれだけがネックです。

先ほど、キララ「スマートサーバー」の場合、炭酸水500mlあたり約130円かかるとの試算を紹介しました。ただ、これにはサーバーのレンタル料や電気代といった、通常のウォーターサーバーとして使うのにも必要なコストは算入していません。これらのコストを算入すると、炭酸水500mlの値段は約250円になります。

炭酸機能しか使わない場合はウォーターサーバーの意味が薄く、割高になってしまいます。

また、値段以外にも、水ボトルの設置(交換)の手間や、給水口や受け皿のお手入れ等、定期的にメンテナンスが必要になる点もデメリットとして挙げられました。ペットボトルを買う面倒と、ウォーターサーバーの設置・手入れをする面倒、自分がどちらを重視するかで考えましょう

炭酸水を作れるサーバー:キララ「スマートサーバー」を使ってみた

それではここからは、炭酸水が作れるおすすめのウォーターサーバーを紹介します。キララ「スマートサーバー」は、浅田真央さん起用のCMで知っている人も多いかもしれません。

天然水で作る炭酸水のおいしさや冷温水機能が気になる人におすすめ

特徴
▼おいしい富士の天然水をいつでもすぐに飲める
▼好みの炭酸強度に調節でき、できたての炭酸水を楽しめる
▼すらっとしたおしゃれなデザイン
実質月額 9,701円(税込)の内訳
水代(36L)
6,703円
電気代
1,000円
レンタル料
1,320円
炭酸ガスカートリッジ代
660円
炭酸シェイカー代
18円
※水代は2年プランの料金。炭酸水として使う水も含んでいる
※炭酸ガスカートリッジ代は、月に9.8Lの炭酸水を作ると仮定して試算
※炭酸シェイカー代18円は、スターターセットからカートリッジ代を除いた440円を2年使用すると仮定して月額換算した料金
スペック
サイズ 幅31.7cm、奥行き30cm、高さ127.5cm
水の種類 天然水(富士)
ボトルの種類/位置 ワンウェイ(使い捨てパック)/上部

これまでに出てきたメリットやデメリットを踏まえ、編集部が以下の観点で使い勝手を確かめました。

  1. 水パックの交換が楽かどうか
  2. 炭酸ガスカートリッジのセットが簡単か 
  3. 専用容器に水を入れるのに何秒かかるか 
  4. 容器を振る回数によって炭酸強度は変わるのか
  5. 天然水の炭酸水は水道水で作るよりおいしいのか
  6. LEDライトは便利か
  7. 冷温水機能は便利か
  8. お手入れは簡単か

水パックの交換|軽量で簡単に設置できる

水パックの交換について 詳細は以下

ウォーターサーバーは通常ボトルタイプが多いですが、今回試したキララのスマートサーバーは厳密に言うとボトルではなくパックタイプのため、形が変形しやすく持ちやすい印象。

水パックを入れるケースについて 詳細は以下

上の写真の左側にあるのが水パックを入れるケース。ケースは取り外せるので、水パックを持ち上げて設置する必要はありません。

女性でも簡単に設置できる水パック

ケースを設置する場所は上部なのでその時は持ち上げますが、水パック自体が5.8Lと軽量パックなので、女性でも簡単に設置できます。

設置されたウォーターサーバー

設置するとこのようになります。

ウォーターサーバーの水パックを設置する場所

設置したあとは、サーバーの中に隠れているハリに水パックが食い込み、パックに小さな穴をあけてサーバー内に水を流す仕組みになっています。

使い切ったあとは、パックを折りたためばよい事が分かる写真

水を使い切ったあとは、パックを折りたためばここまで小さくなるので簡単に捨てることができます

ボトルタイプの場合、ボトルを潰しても一定程度の大きさにはなってしまい、場所をとるため、小さなゴミとして捨てられるのは嬉しいポイントですね。

炭酸ガスカートリッジのセット|はめて回すだけで簡単

炭酸ガスカートリッジのセットについて

炭酸ガスカートリッジは、サーバー本体の下にあるフタを外して取り付けます。

しゃがんで取り付けるのが少々手間に感じるくらいで、取り付け自体ははめて回すだけなので難しくありませんでした。

専用容器に水を注ぐ|12.4秒かかった

スマートサーバーはボタン押せば炭酸水が出てくるわけではなく、専用の容器に天然水を入れてからガスを注入し、容器を振ると炭酸水ができます。

この流れを少々手間に感じる人もいるかもしれないので、容器にフルで水を入れるのに何秒かかるか測ってみたところ…

12.4秒しかかからない

12.4秒でした!

何十秒もかからず、特にじれったさも感じないほどの早さだったのでそれほど面倒ではありません。

炭酸を注入している動画

容器に水を入れたら、炭酸を注入します。これはワンボタンでできるので簡単でした。上の映像は炭酸を注いでいるところ。プシューという音が気持ちよかったです。

炭酸と水がサーバー内で混ざらず別々で出てくるのは、単に炭酸水を飲むだけなら不便ですが、追い炭酸をしたい人にとっては便利ですし、ジュース等水以外の飲み物に炭酸を加えたい時には大きな利点です。

炭酸強度の調整|容器を振る回数で自分好みに

それでは炭酸水を作っていきます。キララの公式サイトによると、容器を振る回数で炭酸強度が変わり、10回程度で通常の炭酸、20回でより強い炭酸、2、3回で微炭酸になるとのこと。

上の映像のように容器を縦に振ります。

強い炭酸水のイメージ画像

まずは10回振ってみました。コップに注いで飲んでみると、微炭酸よりちょっと強い炭酸、という印象。

次に、20回振ってみてコップに注いでみると…

20回振ってみてコップに注いだ結果 詳細は以下

確かに、10回の時よりも炭酸のシュワシュワ感が強くなりました。ただ、強炭酸とは言えないほどのシュワっと感だったので、今度は容器を素早く振ってみると、同じ20回でもより強い炭酸に。回数だけでなく振り方によっても炭酸強度は変わるようです。

何回か振っていくうちに、自分の気に入る炭酸強度にするためには何回振ればいいのか、どのように振れば良いのかが掴めてくるようになるので、楽しみながら作ることができます。

天然水の炭酸水のおいしさ|水道水とは別モノ

天然水の味について 詳細は以下

味はどうでしょうか。飲む前はそんなに大差はないのでは…と思っていましたが、実際に飲み比べると、明らかに天然水で作った炭酸水の方がスッキリしていておいしいことが判明。

水道水で作った炭酸水は、独特のツンとしたカルキ(次亜塩素酸カルシウム)の臭いが気になってしまいます。水道水を使う場合は、浄水器を通した水を使う必要がありますね(今回はオフィスで試したため、浄水器を用意できませんでした)。

LEDライト|暗がりで注ぐ際に便利

キララスマートサーバーの機能として特徴的なLEDライト。注水時に照らしてくれますが、例えばどういう時に便利なのでしょうか。

コップに炭酸水を入れた様子

水を注いでみると、コップの中をライトで照らしてくれるので水位がわかりやすいです。

例えば夜中に喉が乾いて水を飲みたいと思った時に、部屋が暗いとどれくらい注げたかわかりにくいので便利ですね。

冷温水機能|ボタン式で楽々

炭酸機能つきのウォーターサーバーを購入する場合、ぜひ活用していきたい冷温水機能。

冷温水機能について 詳細は以下

「つめたい」、「あつい」と書いてあるのでわかりやすいですね。解除ボタンを長押しすればチャイルドロックが外れ、お湯を出すことができます。キララ スマートサーバーの場合、冷水と温水の温度は以下の通りです。

【キララ スマートサーバーの温度】

冷水 約3~8℃
エコモード時冷水 約10~18℃
加熱 約83~93℃
エコモード時温水 約60~70℃

極力電気代を節約したい人はエコモードにしておくといいでしょう。エコモード時の冷水は冷たすぎないので、薬を服用する時にも最適。温水は、再加熱するとエコモードの場合でも90℃まで温かくなるので、お茶やコーヒーを注ぐのにも十分な温度です。

お手入れ|週1~隔週の拭き掃除が必要

ウォーターサーバーは、どのようにお手入れをしたら良いのでしょうか。キララのスマートサーバーの場合、以下がメインのお手入れ方法です。

【キララ スマートサーバーの普段のお手入れ】

洗うもの お手入れ方法
炭酸シェイカー
(使用の度)
ハンドル、ボトル、キャップをそれぞれ水で洗う
ドリップトレイ
(週1回)
  • トレイの中に水が溜まったら捨てる
  • 台所用中性洗剤で汚れを落とした後、よくすすぎ、乾いた布で水分を拭き取る
ウォーターパック開封ニードル
(2週間に1回)
ウォーターパックを設置した時に開封するニードル(ハリ)を除菌・清掃する
上の写真はトレイを外したところの写真

上の写真はトレイを外したところ。

炭酸シェイカーを使用の度に洗うのはソーダストリームと同じですが、それにプラスしてドリップトレイとウォーターパック開封ニードルのお手入れも定期的に必要になります。

それほど難しくないはない内容ですが、できるだけ手間を省きたい、楽したいという人には向いていないかもしれません。反対に、これだけの手間でおいしい炭酸水を飲めるならいいかも、と思える人にはおすすめです。

炭酸水を作れるサーバー:新製品のクリクラ「Shuwa」もおすすめ

RO水のウォーターサーバー大手であるクリクラが2021年5月に新発売したのが「Shuwa」です。

ボタン一つで強炭酸水を作れる!

クリクラ「Shuwa」
特徴
▼月額が安い
▼ボタン一つで簡単強炭酸
▼冷水注水時に常時UV殺菌
実質月額8,307円(税込)の内訳
水代(36L)
4,380円
電気代
972円
レンタル料
2,200円
炭酸ガスカートリッジ代
755円
*注釈用テキスト※炭酸ガスカートリッジ代は月に9.8Lを使用すると仮定して試算
スペック
サイズ 幅32.6cm、奥行き43.7cm、高さ103.4cm
水の種類 RO水
ボトルの種類/位置 リターナブル(返却必要)/上部

こちらのサーバーは、ボタン一つで強炭酸水が出るのが最大のポイント。追い炭酸や濃度の調節はできませんが、ボトルを振って炭酸水をなじませる作業が不要なのでとても楽です。この簡単さをとるなら「Shuwa」がおすすめ。自分で濃度調節したいならキララ「スマートサーバー」がおすすめです。

さらに、再加熱機能を使うと、通常80度~90度のお湯を、91度~93度にまで熱くすることができます。熱いお湯を使いたい人にとってはありがたい機能です。

また、天然水より安価なRO水(クリクラの場合はROフィルターで不純物を取り除いた後にミネラルを添加)を採用しているため、水の料金を抑えることができるのも良い点です。

炭酸水を作れるサーバー:「日光の雫」は避けるのが無難

炭酸水を作れるサーバーとしては、日光の雫「炭酸水専用サーバー」もあります。しかし、結論から言うと、こちらの機種は避けるのが無難です。

ボタン一つで炭酸水が出るのは魅力的だが……

特徴
▼月額が安い
▼炭酸水をボタン一つですぐ飲める
▼「水の都」で有名な古都足利のおいしい天然水
実質月額 6,284円(税込)の内訳
水代(36L)
4,500円
電気代
約1,000円
レンタル料
600円
炭酸ガスカートリッジ代
184円
※水代は宅配便の料金(12Lの水ボトル1つあたり1,500円)
※炭酸ガスカートリッジ代は月に9.8Lを使用すると仮定して試算
スペック
サイズ 幅45cm、奥行き45cm、高さ125cm
水の種類 天然水(古都足利)
ボトルの種類/位置 ワンウェイ(使い捨てボトル)/上部

日光の雫「炭酸水専用サーバー」はキララで必要な容器を振る作業が不要で、ボタンを押すだけで炭酸水が出てきます。また、炭酸の濃度も調整が可能です。月額コストもキララより安価なため、炭酸水愛飲者にとっては魅力的なサーバーです。

ただ、メーカーに問い合わせたところ、2021年5月時点では水の冷却機能に難があり、水が冷えないというトラブルが相次いでいるそうです。水が冷えないため、炭酸濃度も濃いものが作れないとのこと。現在は入荷待ちので、入荷のメドは立っていない状態です。

コンセプトは面白いので、改良が待たれますね。

この記事のまとめ

  • 炭酸機能つきのウォーターサーバーは、ペットボトルやソーダストリームと比べて値段は高いが天然水で作るおいしい炭酸水が飲め、さらに冷水・温水もすぐ出る
  • 口コミでは、ペットボトルのように都度購入したり運ぶ手間がない部分が好評。反対に、値段の高さがデメリットとなる。
  • 実際にキララのウォーターサーバーを使ってみた結果、専用容器を振る回数や振り方によって炭酸濃度が変わる楽しさがあった。水道水と比較すると、天然水で作る炭酸水のおいしさを痛感。
  • 炭酸水を作れるウォーターサーバーは、キララ「スマートサーバー」とクリクラ「Shuwa」がおすすめ。
FacebookTwitterLine